タグ別アーカイブ: メカニカル

キーボードの種類



一般的にキーボードには、以下の4種類があると言われています。

分類 メンブレン パンタグラフ メカニカル 静電容量無接触
特徴 安い 薄い 打つとカチカチ言う 高級

しかし、4種類に分類するのは少し乱暴です。
なぜならば、例えばパンタグラフ式のキーボードのスイッチ部分は、メンブレン式だったりするからです。(?)

つまり、キーのスイッチの話と、キーが上下する構造(アクチュエータ)の話は別々に考えた方がいいと思います。

分類 メンブレン パンタグラフ メカニカル 静電容量無接触
スイッチ メンブレンスイッチが使用されている。
2枚の膜状の素材にスイッチ回路がプリントされていて、2枚の膜の間に隙間が作られている。
キーによって押されると、2枚の膜がくっつき、スイッチが入る。
メカニカルスイッチが使用されている。
それぞれのキーが独立したスイッチを持っている。
静電容量無接点スイッチが使用されている。
電極が一定の距離に近づくとスイッチが入る。
コンデンサの原理を利用している。
つまり電極に接触しなくてもスイッチが入るようになっている。
アクチュエータ ラバードームが使用されている。
ゴム製の、お椀のような形をした半球状の物体が入っている。
キーを押すとへこむ。
へこむと反発する力が働く。
パンタグラフが使用されている。
電車の上についている菱形の枠のような物体が入っている。
キーを押すとパンタグラフが沈み込んでスイッチと接触する。
ラバードームが併用されていることが多い。
キーの一つ一つに独立したスイッチが仕込んである。
各スイッチにはスライド部とスプリングがあり、押し下げるとある地点でスイッチが入る。
ラバードーム+スプリングが使用されている。
電極が一定の距離に近づくとスイッチが入る。
コンデンサの原理を利用している。
つまり接触しなくてもスイッチが入るようになっている。
コスト 比較的安価なものが多い 比較的安価なものが多い 比較的高価なものが多い 比較的高価なものが多い
特徴 安く作れるので、パソコンに付属してるものはこのタイプが多い。
一部高級な製品もあり、メンブレンだから粗悪品とは限らない。
例えば富士通のLibertouchとかは高級。
キーボードを薄くすることができるため、ノートPCによく利用される。
ストローク(深さ)が小さいため、高速に打てる気がする。
スイッチが入る時に、カチッと音がしたり、指にクリック感が返ってくるようにしてある。
「打ってるぜ!」という感覚が好きな人にはたまらない。
一部クリック感が無い製品もある。
例えばFILCO Majestouch 黒軸
とか。
高級な製品が多いため、総じてキーの動きがスムーズ。
軽い力で押せる。

と分類してみて改めて思うのは、製品によって打ち味などが異なるので、実際にお店で打ってみて選ぶのが一番だということですね。